スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’10,11冬の鎌倉・江ノ島訪問10 江の島の台湾

110122児玉神社-(1) 110122児玉神社-(2) 110122児玉神社-(4)
江ノ島神社の参道を外れると軍人で政治家だった児玉源八朗を祭った児玉神社がありました。 狛犬が台湾で彫刻されたもので台湾総督だった児玉源八朗と台湾との関係の深さを伺わせます。
児玉将軍は江ノ島で静養していたことがあるそうで、その縁で建てられたそうです。

110122児玉神社-(3)
この額は李登輝元台湾総統筆です。

110122稲村ケ崎-(1) 110122稲村ケ崎-(2)
稲村ケ崎から見た江ノ島です。 夕方だったので霞んでいますが、ここからも富士山を見ることができるようです。

110122江ノ電鎌倉駅
無事鎌倉駅に到着し、帰宅しました。

スポンサーサイト

テーマ : 湘南・鎌倉
ジャンル : 地域情報

’10,11冬の鎌倉・江ノ島訪問7 江の島岩屋参拝

110122江島神社奥津宮への道
江の島シーキャンドルを降りて島を西へ・・・。

110122江島神社奥津宮 110122江ノ島岩屋への道
江島神社奥津宮で参拝後に坂を下って・・・

110122江ノ島稚児ヶ淵1 110122江ノ島稚児ヶ淵2
稚児ヶ淵に出ました。

110122江ノ島稚児ヶ淵亀岩
これは亀岩という亀の形をした岩礁です。

110122江の島岩屋-(1) 
さらにすすんで江の島岩屋へ。

110122江の島岩屋-(2) 110122江ノ島江の島岩屋-(1) 110122江ノ島江の島岩屋-(2)
狭い洞窟に仏像が置いてあって江ノ島が修行の場だったということがわかりました。


テーマ : 湘南・鎌倉
ジャンル : 地域情報

’10,11冬の鎌倉・江ノ島訪問6 江ノ島灯台からの景色

110122江ノ島サムエル・コッキング苑 (1) 110122江ノ島サムエル・コッキング苑 (2) 110122江ノ島サムエル・コッキング苑 (5) 110122江ノ島サムエル・コッキング苑 (4)
110122江ノ島サムエル・コッキング苑 (6)
頂上には明治時代に居住していた英国人サムエル・コッキング温室の建物跡江ノ島サムエル・コッキング苑として残っていて見学できます。
サムエル・コッキングの住居跡には植物園があってチューリップが咲いていました。

110122江ノ島サムエル・コッキング苑 (3)
温室はこんな建物だったそうです。

110122江の島展望灯台
他に江の島展望灯台江の島シーキャンドルもあって360度の展望が楽しめました。

110122江の島展望灯台から見た風景 (1) 110122江の島展望灯台から見た風景 (4) 110122江の島展望灯台から見た風景 (5)

110122江の島展望灯台から見た風景 (6)
サムエル・コッキング苑もよく見えました。

110122江の島展望灯台から見た風景 (2)
こちらは伊勢原市大山(おおやま)

110122江の島展望灯台から見た風景 (3)
島に渡る前に頭が見えていた富士山がほとんど見えなかったのは残念でしたが。

テーマ : 湘南・鎌倉
ジャンル : 地域情報

’10,11冬の鎌倉・江ノ島訪問5 江島神社辺津宮参拝

去年の1月に江ノ島まで行ってきました時の話です。

110122江ノ電藤沢駅-(1) 110122江ノ電藤沢駅-(2) 110122江ノ電藤沢駅-(3)
藤沢江ノ電に乗り・・・。

110122江ノ電江ノ島駅-(1) 110122江ノ電江ノ島駅-(2) 110122片瀬すばな通り
110122片瀬海岸から見た富士山 110122片瀬海岸から見た江ノ島 (1) 110122片瀬海岸から見た江ノ島 (2)
江ノ島駅で下車。 徒歩で橋を渡り島に入りました。
右手には富士山がよく見えました。

110122江島神社参道
島に入るとすぐ江島神社辺津宮の参道で土産物店が立ち並びます。

110122江島神社辺津宮鳥居 110122江島神社辺津宮楼門
110122江島神社辺津宮 110122江島神社辺津宮奉安殿
鳥居楼門をくぐり、さらに坂を登ると辺津宮があります。 境内には奉安堂があり、鎌倉時代の彫刻の弁天像が2体ありました。 一つは裸の姿で日本で唯一ではないでしょうか?

110122江島神社中津宮-(1) 110122江島神社中津宮-(2) 110122江ノ島サムエル・コッキング苑への道
更に坂を登り江戸時代のころと思われる木彫の中津宮、頂上まで登りました。

テーマ : 湘南・鎌倉
ジャンル : 地域情報

’10,11冬の鎌倉・江ノ島訪問3 鎌倉宮参拝

続いて鎌倉宮(かまくらぐう)へ向かいました。

101218鎌倉瑞泉寺への道-(1) 101218鎌倉瑞泉寺への道-(2)
途中、楓が紅葉していました。

101218鎌倉鎌倉宮-(1) 101218鎌倉鎌倉宮-(2) 101218鎌倉鎌倉宮-(3)
鎌倉宮は、後醍醐天皇の皇子の護良親王(もりながしんのう)を祭神とする神社で父とともに鎌倉幕府を倒し建武中興を実現しましたが、その後の足利家との対立により殺害されました。 武家社会から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛え、明治2年(1869年)2月、明治天皇は護良親王を祀る神社の造営を命じ、7月に親王が殺害された地に建立されました。
拝殿前には、鎌倉宮の伝統とも言える「獅子頭守」(ししがしらまもり)があります。 護良親王が戦の時に兜の中に獅子頭の小さなお守りを忍ばせて自らの無事を祈った事が由縁とか。 今回は行かなかったのですが、親王が幽閉さて、殺害された土牢があります。

最後に鶴岡八幡宮へ向かいました。
途中、鎌倉彫の店やおしゃれなレストランが点在して鎌倉らしさを感じました。

101218鎌倉鶴岡八幡宮-(1) 101218鎌倉鶴岡八幡宮本宮 (1) 101218鎌倉鶴岡八幡宮本宮 (3)
鶴岡八幡宮では年末年始の支度中でした。 鎌倉随一の観光地だけに急に賑わってきました。

101218鎌倉鶴岡八幡宮大銀杏跡 (1) 101218鎌倉鶴岡八幡宮大銀杏跡 (2)
一昨年の3月に倒壊した天然記念物だった大銀杏の跡には細長い芽が生えていました。 根元部分は隣に移されていてかつてを知る人たちはもの惜しそうに眺めていました。

テーマ : 湘南・鎌倉
ジャンル : 地域情報

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。