スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’10三重・鳥羽にて海鮮三昧6

101212志摩スペイン村エントランス (1) 101212志摩スペイン村エントランス (3) 101212志摩スペイン村エスパーニャ通り
志摩スペイン村エントランスです。
タイルを使った装飾が綺麗ですね。

101212志摩スペイン村エントランス (2)
今の日本でドンキホーテというと量販店になってしまいましたね。(笑)

101212志摩スペイン村マヨール広場 101212志摩スペイン村ハビエル城博物館 101212志摩スペイン村サンタクルス通り 101212志摩スペイン村コロンブス広場
行ったことは無いのですが、スペインの雰囲気が出ています。
カルメンホールではフラメンコショーが上演されていました。 生で本場のフラメンコはなかなか見ることができないので見に行きました。 おそらく、フラメンコは日本で言うと大衆演芸なんでしょうが数人が同時にステップをする踊りなど迫力がありました。

101212志摩スペイン村フィエスタ広場 (1) 101212志摩スペイン村フィエスタ広場 (3) 101212志摩スペイン村フィエスタ広場 (4)
フィエスタ広場アントニー・ガウディデザイン風です。

101212志摩スペイン村-(16) 101212志摩スペイン村-(17)
子供が喜びそうなイベントや・・・。

101212志摩スペイン村ひまわりの湯 (1) 101212志摩スペイン村ひまわりの湯 (3) 101212志摩スペイン村ひまわりの湯 (2)
温泉・ひまわりの湯があったり・・・。

101212志摩スペイン村メリーゴーランド 101212志摩スペイン村ピレネー 101212志摩スペイン村ピレネー (2)
遊具や絶叫マシーンがあったりといろんな人が楽しめるようになっているようです。

スポンサーサイト

テーマ : 三重県!
ジャンル : 旅行

’10三重・鳥羽にて海鮮三昧5

101212鳥羽市国崎-(1) 101212鳥羽市国崎-(2)
朝の国崎です。
国崎(くざき)は神話に出てくるくらい古くから海女漁をしていて、港にはウエットスーツを着た海女さんがあちこちにいました。
この地区は二千年以上前から熨斗(のし)鮑という特殊な加工をして干物にしたアワビを伊勢神宮に納めていたそうです。 伊勢神宮公認の良質のアワビが採れる地区ということのようです。

当日は宿の人に志摩スペイン村まで送ってもらうことにしました。
たまやのみなさんには新鮮な海の幸をいただいたり、送迎をしていただいたりお世話になりました。

101211鳥羽市国崎石神さま (1) 101211鳥羽市国崎石神さま (5) 101211鳥羽市国崎石神さま7 101211鳥羽市国崎石神さま8
途中、相差町(おうさつちょう)にある女性の願い事なら必ずひとつは叶えてくれると言われている石神さんに立ち寄りました。
相差町(おうさつちょう)では「海女の町」で町作りをするそうです。

101212志摩パールロード-(1) 101212志摩パールロード-(2) 101212志摩パールロード-(3)
緑豊かな志摩パールロードを南下して的矢湾を橋で渡って志摩スペイン村に着きました。

テーマ : 三重県!
ジャンル : 旅行

’10三重・鳥羽にて海鮮三昧2

101211伊勢神宮内宮宇治橋鳥居 101211伊勢神宮内宮前バス停 (2) 101211伊勢神宮内宮前バス停 (1) 101211伊勢神宮内宮前おかげ横丁
10分おきに宇治山田駅から出ているバスに乗り換えて伊勢神宮内宮へ。 通常は外宮を先に参拝して内宮を参拝するのですが、時間の関係で省略しました。
賑やかな参道の商店街・おかげ横丁もまたの機会に・・・。

101211伊勢神宮内宮五十鈴川 101211伊勢神宮内宮宇治橋
五十鈴川宇治橋で渡ると内宮境内です。

101211伊勢神宮内宮-(4)
日本の神社の頂点だけに大きな日の丸がたなびいていました。

101211伊勢神宮内宮手水舎
参拝客が多いだけに手水舎が大きいです。

101211伊勢神宮内宮五十鈴川御手洗場
本来は参拝前に五十鈴川の御手洗場の中に入って禊(みそぎ)をするようです。
この過去となってしまった習慣はインドのヒンドゥー教では今でもやっています。 こういったことも共通ですね。

101211伊勢神宮内宮境内-(2) 101211伊勢神宮内宮神楽殿 101211伊勢神宮内宮境内-(3) 101211伊勢神宮内宮境内-(4)
広大で緑豊かな参道を歩くと・・・。

101211伊勢神宮内宮御正宮参道 101211伊勢神宮内宮御正宮
本殿である正宮に着きます。
隣が空地になっていて、20年に1度の大祭、神宮式年遷宮で20年おきに正宮を建て替える用地です。 次回は平成25年に建て替えるそうです。
解体された過去の正宮の建材は他の施設に使われるそうです。
広大な森林に囲まれた境内で歩くと気持ちが落ち着きますね。

宗教都市・伊勢市には他にも神宮関係の見どころがあるそうで、時間をかけてじっくり回りたいですね。

テーマ : 三重県!
ジャンル : 旅行

’10三重・鳥羽にて海鮮三昧1

5年ぶりに三重県にて海鮮を味わう旅に行ってきました。

5年前はこちらをご覧になって下さい。
笹団子のひとりごと
「えび!に始まりエビ!に終わる1」
「えび!に始まりエビ!に終わる2」
「えび!に始まりエビ!に終わる3」

101211近鉄名古屋駅-(1) 101211近鉄名古屋駅-(2)
近鉄名古屋駅にて近鉄特急伊勢神宮への玄関口・宇治山田へ向かいました。

101211近鉄名古屋駅特急ビスタカー(1) 101211近鉄名古屋駅特急ビスタカー (2)
乗車したのはビスタカーです。
2階席は眺望がいいのですが、揺れるので乗り物酔いする人向きではないですね。

101211宇治山田駅-(2) 101211宇治山田駅-(3)
1時間20分ほどで宇治山田に到着しました。

101211宇治山田駅-(4) 101211宇治山田駅-(5) 101211宇治山田駅-(1)
昭和6年竣工のモダンな駅舎は国の登録有形文化財に指定されています。


テーマ : 三重県!
ジャンル : 旅行

’10春の桑名・蛤とお菓子を求めて5 伊勢東海道桑名宿

六華苑から揖斐川に沿って歩くと鳥居に出ます。
100505桑名七里の渡跡2 100505桑名七里の渡跡1
東海道七里の渡跡です。

江戸・日本橋から西へ向かうと東海道最大の規模だったと言われる41番目の宿場名古屋熱田神宮近くにある宮宿近くにあった宮の渡し(みやのわたし)から渡船に乗って対岸の七里の渡伊勢の国に入りました。 鳥居伊勢神宮の「一の鳥居」です。 ここは巡礼の道でもあったわけです。

100505桑名七里の渡跡3
かつては海だったのでしょうが、干拓で海は遠くなり、伊勢湾台風による被害から高い堤防が築かれ江戸時代からかなり景観が変っています。

100505桑名伊勢東海道
ここから陸路の東海道が再開します。
道の幅は当時と変りませんが、第2次大戦時の桑名空襲により町のほとんどは焼けてしまったそうです。

100505桑名九華公園1 100505桑名九華公園2
桑名桑名藩11万石の城下町でもありました。
桑名藩は小藩ながら幕末時に藩主・松平定敬(まつだいら さだあき)会津藩主・松平容保(まつだいら かたもり)の実弟で会津藩とともに京都守護をしていた関係で明治維新時に幕府側についたため逆賊となり桑名城内堀の石垣は壊されて四日市港に使われたそうです。
100505桑名桑名城城壁1
七里の渡跡近くに当時の石垣が残っています。

100505桑名九華公園護国神社 100505桑名九華公園天守閣跡
今は城内は桑名市民の憩いの場で季節の花が咲き乱れる九華公園護国神社や運動場になっています。 右の画像は天守閣跡です。 江戸時代の火災で破壊され、その後再建されていません。


テーマ : 三重
ジャンル : 地域情報

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。