スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遷都1300年の奈良で唐菓子を求めて10 奈良公園散歩4

101010奈良春日大社-(1)
若草山から春日大社の回廊の北側から西に回って境内に入りました。

春日大社710年(和銅3年)の平城遷都の際に国家鎮護のため常陸国一ノ宮・鹿島神宮より武甕槌命(タケミカヅチノミコト)様を御蓋山(ミカサヤマ)にお迎えしたのが始まりです。 その際、白鹿に乗ってやってきたとされることから、鹿が神使とされます。 ちなみにヒンドゥー教では鹿の角を持った獣の王・パシュパティがシバ神の一つの化身だそうです。 東国より神様をお迎えしたというのは意外でした。
いつか鹿島神宮にも参拝に行ってみたいです。


101010奈良春日大社直会殿吊り灯篭 101010奈良春日大社藤浪之屋萬灯篭再現 101010奈良春日大社灯篭
吊り灯篭は毎年・お盆の8月14、15日に中元万燈籠(ちゅうげんまんとうろう)という行事に灯されるそうです。 境内の藤浪之屋(ふじなみのや)で通年再現できるように燈籠に火がともされています。

春日大社のサイトによると・・・
「当社の燈籠は石燈籠約2000基、釣燈籠約1000基の合計約3000基あります。
中でも全国で2番目に古い石灯籠といわれている伝関白藤原忠通奉納の「柚木燈籠」(1136年)や藤原頼通の寄進と伝わる「瑠璃燈籠」(1038年)をはじめ、平安末期より今日に至るまで、その大半は春日の神を崇敬する人々から、家内安全、商売繁盛、武運長久、先祖の冥福向上等の願いをこめて寄進されたもので、特に室町末期から江戸時代にかけては一般庶民や春日講中からのものが多いです。」と燈籠は寄贈されたものばかりだそうです。

昔は燈籠奉納時、油料も納められ、その油の続くかぎり毎夜灯がともされていましたが、明治時代に入り神仏分離や神社制度の変革で、一旦中断したものの、節分の夜は同21年、中元の夜(8月15日)は昭和4年に再興され、現在の万燈籠の形となりました。
しかし、もっと古く室町時代や江戸時代に、奈良町の住人が春日参道で、雨乞い祈祷として万燈籠を行っていました。記録には、興福寺大乗院の尋尊僧正の日記で、今から500年余り前の文明7年7月28日、「祈雨のため、南都の郷民、春日社頭から興福寺南円堂まで、燈籠を懸く」とあり、当時は木の柱に横木をつけ、それに行燈か提灯の様な手作りの仮設の燈籠を懸け行っていたと考えられます。故に浄火を献じて神様に様々な祈願をすることが万燈籠です。」と雨乞いが主な目的だったそうです。 時期的に先祖崇拝ということもあるでしょうが、意外です。

101010奈良春日大社南門 101010奈良春日大社幣殿 101010奈良春日大社中門御廊
春日大社の参拝は有料の本殿まで参拝しました。 ただ、拝殿から先へは行けませんでした。 古式ゆかしい日本の神社でした。

101010奈良春日大社伏鹿手水所 101010奈良春日大社二の鳥居
帰りは通常の参道を逆行しました。
鹿がお使いの神社らしく、沿道には鹿の像の手水所がありました。

101010奈良興福寺東金堂五重塔 101010奈良猿沢池 101010奈良アーケード商店街
こちらも数々の国宝・重要文化財を持ち世界遺産の興福寺は特別公開の東塔、国宝館とも長蛇の列だったので次回の機会にと思い境内を散策して奈良の町屋を散策しました。 お菓子をいくつか購入して近鉄特急京都に戻りました。

スポンサーサイト

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

遷都1300年の奈良で唐菓子を求めて8 奈良公園散歩3

101010奈良東大寺三月堂への道
東大寺の境内は広大で、大仏殿だけではありません。

101010奈良東大寺二月堂三月堂
大仏殿から東の坂を上ると二月堂三月堂(法華堂)も参拝しました。

101010奈良東大寺二月堂-(1) 101010奈良東大寺二月堂-(4)
二月堂国宝に指定されています。

101010奈良東大寺二月堂から見た大仏殿 101010奈良東大寺二月堂-(3)
御本尊の参拝はできませんが、大仏殿の眺めがいいです。
斜面に建ててあるので工事は難しかったでしょう。

101010奈良東大寺三月堂
三月堂(法華堂)は修復中でしたが、堂内にて国宝の仏像を拝むことができました。
こちらも国宝に指定されています。

101010茶がゆ-(1) 101010茶がゆ-(2)
食事は3月堂前の茶店で奈良名物茶がゆを賞味。 番茶のお茶漬けをいただいていた感じがしました。

101010若草山入山口付近 101010若草山麓
久しぶりに若草山を登ったのですが有料になっていて、入山できる場所が制限されていました。 山を覆っている芝が痛んだためらしいです。

101010若草山登山道 101010若草山-(4)
登ってみると山頂の三重目より一重目のほうが眺めが良かったでした。

101010若草山奈良公園北側 101010若草山東大寺大仏殿 101010若草山平城宮跡
奈良公園の北側です。 東大寺大仏殿平城宮跡が良く見えます。

101010若草山奈良公園南側生駒山
正面には奈良公園の南側と生駒山が良く見えました。

101010若草山春日神社境内奈良盆地南 101010若草山春日神社 101010若草山大和三山
南側には奈良盆地の南端と春日大社の山林が見えました。 名勝・大和三山も見えました。 左から耳成山 (みみなしやま)天の香具山 (あまのかぐやま)畝傍山 (うねびやま)でしょうか?

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

遷都1300年の奈良で唐菓子を求めて7 奈良公園散歩2

鹿をよけて境内に数々の国宝、重要文化財を持ち世界遺産の東大寺へ向かいました。

101010奈良東大寺南大門参道 101010奈良東大寺南大門
鎌倉時代東大寺を復興した重源上人(ちょうげんしょうにん)が再建した国宝の南大門から大仏殿へ向かいました。

101010奈良東大寺大仏殿前鏡池
大仏殿前の回廊中門の手前に鏡池があります。
お金を払って焼麩菓子のようなものを池に投入するとピラニアが現れます。(笑) YouTubeに投稿したのでご覧になって下さい。(笑)
「Piranha live in Tōdai-ji temple Nara Japan 東大寺に生息するピラニア」

101010奈良東大寺大仏殿-(3) 101010奈良東大寺大仏殿音舞台ポスター (1) 101010奈良東大寺大仏殿音舞台ポスター (2)
中門から回廊の内側に入ると前日のコンサートの片付けの最中でした。

101010奈良東大寺大仏殿音舞台ポスター (3)
サラ・ブライトマンも出場していた模様です。

101010奈良東大寺大仏殿-(4) 101010奈良東大寺大仏殿軒下 101010奈良東大寺大仏殿軒下2 101010奈良東大寺大仏殿鬼瓦
江戸時代に再建された大仏殿は装飾が簡素で退色していたこととあわせて趣のあるように感じました。

101010奈良東大寺大仏殿大仏1 101010奈良東大寺大仏殿大仏3 101010奈良東大寺大仏殿大仏光背 101010奈良東大寺大仏殿大仏
大仏殿の中に入り大仏を参拝しました。 相変わらず大きいです。

101010奈良東大寺大仏殿-(14)
柱の穴に子供が楽に通り抜けられるくらい太い柱を使っています。

大仏完成式典大仏開眼会(かいげんえ)が挙行されたのは天平勝宝4年(752年)大仏殿の竣工は天平宝字2年(758年)でした。 その後、治承4年(1180年)の平重衡の兵火で台座や下半身の一部を残して焼け落ち文治元年(1185年)に鎌倉復興大仏の開眼供養が行われました。 その後、永禄10年(1567年)の松永・三好の合戦によって再び炎上し、大仏は頭部が脱落し仮修理の状態のまま、露座で数十年が経過しました。 江戸時代になって公慶上人の尽力により大仏、大仏殿とも復興しました。現存する大仏の頭部は元禄3年(1690年)に鋳造されたもので、元禄5年(1692年)に開眼供養が行われています。大仏殿は宝永6年(1709年)に落慶したものです。

二度の兵火で焼かれましたが東京国立博物館で行われた「光明皇后1250年御遠忌記念特別展「東大寺大仏―天平の至宝―」」によると二度の兵火で大仏像が全壊したわけでなく、台座と膝の部分は天平の創建当時のものが、体は鎌倉復興大仏が、頭部は江戸時代のものが使われているとのことです。

天平15年(743)、聖武天皇仏教の教えによって、国民ひとりひとりが思いやりの心でつながることによって国を鎮め、平和を導きだそうと大仏造立を行いましたが、後世の人々によって引き継がれたということでしょう。 それは現代にも引き継がれて、日々維持管理がされています。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

遷都1300年の奈良で唐菓子を求めて6 奈良公園散歩1

10月の連休の話題に戻ります。(笑)

101010近鉄京都駅-(1) 101010近鉄京都駅-(2) 101010近鉄京都駅-(3)
2日目は京都駅から近鉄特急に乗って近鉄奈良駅まで向かいました。

101010奈良平城宮跡-(1) 101010奈良平城宮跡-(3)
途中、大和西大寺を過ぎると平城遷都1300年祭の会場の平城宮跡(へいじょうきゅうせき)を通過しました。
今から1300年前の710年(和銅3年)に藤原京から平城京へ遷都されました。

101010近鉄奈良駅-(1) 101010近鉄奈良駅-(2)
京都から35分ほどで近鉄奈良に到着しました。
せんとくんのお出迎えもありました。(笑)

駅を降りると警官が多いので様子を見ると天皇皇后両陛下奈良をお発ちになるとのことで待つと赤い旗を付けた車に両陛下がご乗車され、沿道の国民に手を振ってお応えされていました。
その時の模様をYouTubeに投稿したのでご覧になって下さい。
「Emperor and Empress of Japan visted Nara Japan 奈良を訪れた天皇皇后両陛下 」

宮内庁発表の天皇皇后両陛下のご日程
によると当日は奈良盆地南東にある室生寺ご訪問とのことなので近鉄が用意した特別列車に乗られて室生寺へ向かうときだったようです。

101010奈良公園-(1) 101010奈良公園-(2)
奈良大宮通りを東へ緑豊かな奈良公園内に入りました。

101010奈良公園-(6) 101010奈良公園-(3) 101010奈良公園-(4) 
早速、春日大社の使いの鹿がいました。
鹿せんべいを待ち構えていた鹿もいて中には観光客の服を引く乱暴なものもいて困った神様の使いと思いました。(苦笑) 私自身、鹿せんべいをあげていると量が不満なのか?鹿にかじられてしまいました。

101010奈良公園-(5)
10月の連休中は鹿の角きりをやっていて、サッパリしたオス鹿もいました。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。