スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花巻市大迫町エーデルワイン 東日本大震災からの復興祈願100

東日本大震災からの復興祈願シリーズは今回でついに100回になりました。
先の震災から10か月近くたちましたが、まだまだ被災地の復興が進んでおらず、マラソンのような息の長い支援が必要かと思います。


今回は岩手県花巻市大迫町にあるワイナリー・エーデルワインの紹介です。
去年、東銀座にある岩手県のアンテナショップ・いわて銀河プラザで購入しました。

111127花巻エーデルワインロゼ瓶 111127花巻エーデルワインロゼ瓶ラベル 111127花巻エーデルワインロゼ
こちらは甘口シリーズの月のセレナーデのうちキャンベル種ブドウを使ったロゼです。
甘口で飲みやすく、渋みが少々してアクセントになっています。
第3回国産ワインコンクール(Japan Wine Competition2005)において、2年連続ロゼ部門の最優秀カテゴリー賞(部門第1位)を受賞しましているそうです。

111207花巻エーデルワイン白ボトル 111207花巻エーデルワイン白ボトルラベル 111207花巻エーデルワイン白
こちらは同じ月のセレナーデシリーズの白ワインです。
岩手県大迫町産の白葡萄を使っています。 こちらも甘口でフルーティーな風味がして飲みやすいです。

エーデルワインawcウィーン国際ワインコンクール2011にて岩手県花巻市大迫町で収穫された専用品種を限定醸造し、樽でじっくりと貯蔵熟成させた特別醸造ハヤチネゼーレのうちハヤチネゼーレ ツヴァイゲルトレーべ樽熟成 2007が金賞ハヤチネゼーレ ツヴァイゲルトレーべ樽熟成 2008とハヤチネゼーレ メルロー樽熟成 2008が銀賞を受賞しました。
エーデルワインは大迫町のブドウ生産者と強力なタッグを組んでいいワインを作っているようですね。

スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

小樽北海道ワイン 北海道のワイン2

こちらも昨年の東京のデパートでの北海道物産展で購入したワインの紹介です。

こちらは小樽にある北海道ワインです。

111103小樽北海道ワイン初しぼりキャンベルアーリ2011瓶 111103小樽北海道ワイン初しぼりキャンベルアーリ2011瓶ラベル (1) 111103小樽北海道ワイン初しぼりキャンベルアーリ2011瓶ラベル (2) 111110小樽北海道ワイン初しぼりキャンベルアーリ2011
最初はおたる初しぼりキャンベルアーリ2011です。
甘口でフルーティーな風味のロゼワインでとても飲みやすいです。

111103小樽北海道ワイン初しぼりナイヤガラ2010瓶 111103小樽北海道ワイン初しぼりナイヤガラ2010瓶ラベル (1) 111103小樽北海道ワイン初しぼりナイヤガラ2010瓶ラベル (2) 111103小樽北海道ワイン初しぼりナイヤガラ2010
こちらは初しぼりナイヤガラ2010です。
おたるワインの人気商品で香りがいいナイヤガラ種ブドウから作られています。
甘口でフルーティーが身上のワインです。

111001小樽北海道ワインおたる特撰ナイヤガラ瓶 111103小樽北海道ワイン特撰ナイヤガラ2009瓶ラベル (1) 111103小樽北海道ワイン特撰ナイヤガラ2009瓶ラベル (2) 111001小樽北海道ワインおたる特撰ナイヤガラ
最後におたる特撰ナイヤガラ2009です。
同じナイヤガラ種ブドウを使った甘口の白ワインなのですが、北海道産ナイヤガラ種ブドウの最も糖度の高い葡萄が房撰りされていて香り、飲みやすさが一層増しています。
よって値が張ります。

111110北海道+フランスチーズ
チーズ工房十勝野フロマージュカマンベールなどのチーズと一緒にいただきました。

北海道ワインは東京の北海道物産展で最大規模を誇る池袋東武にて1月12日(木)から24日(木)まで開催される「食の北海道展」に出展されるので興味のある方は是非!行って見て下さい。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 北海道のワイン1

昨年の東京での北海道物産展で購入したワインの紹介です。

最初は十勝・池田町にある池田町ブドウ・ブドウ酒研究所です。
建物は「ワイン城」と呼ばれるヨーロッパのお城のような外観です。

110917池田ブドウ・ブドウ酒研究所十勝ワインプチナイヤ瓶 110917池田ブドウ・ブドウ酒研究所十勝ワインプチナイヤ瓶ラベル 110917池田ブドウ・ブドウ酒研究所十勝ワインプチナイヤ
最初は北海道産「ナイヤガラ」種ブドウを原料にした白ワインプチナイヤです。
ナイヤガラ種を使ったワインは香りがいいです。
甘口で飲みやすくてクリームチーズと合います。


110923池田町ブドウ・ブドウ酒研究所清舞瓶 110923池田町ブドウ・ブドウ酒研究所清舞瓶ラベル 110923池田町ブドウ・ブドウ酒研究所清舞
こちらは赤ワイン清舞です。
アルコール度数が10.5%と高めでプチナイヤと対象的なワインでした。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

’11秋鹿児島・熊本のアンテナショップ訪問2

鹿児島県のアンテナショップ・かごしま遊楽館では名産の焼酎も購入しました。
これがアンテナショップ訪問の理由です。(笑)

111008奄美大島酒造浜千鳥乃詩瓶 111008奄美大島酒造浜千鳥乃詩瓶ラベル (2) 111008奄美大島酒造浜千鳥乃詩瓶ラベル (1) 111008奄美大島酒造浜千鳥乃詩
こちらは奄美大島酒造千鳥乃詩です。
奄美産黒糖と米こうじだけを使った奄美名産の黒糖焼酎です。
度数が30度と高めですが、黒糖の甘みがほのかにするお酒です。
ガジャ豆と一緒にいただきました。

111008鹿児島長島長島研醸島娘瓶 111008鹿児島長島長島研醸島娘瓶ラベル (1) 111008鹿児島長島長島研醸島娘瓶ラベル (2) 111008鹿児島長島長島研醸島娘
こちらは鹿児島県の最北端で北は天草、南は鹿児島県本土、西は東シナ海、東は八代海に挟まれた長島町にある酒蔵・長島研醸島娘です。
時さんから紹介してもらった芋焼酎長島限定品だそうです。
「焼酎を初めて飲む人に受け入れやすいソフトな焼酎」
それを目指して作られた芋焼酎だそうです。 でもしっかり芋の風味がします。
今では多いクセの少ないマイルドな芋焼酎の走りかもしれないですね。

実はかごしま遊楽館にあるとは思わなかったのですが、発見して買いました。(笑)
超レア品の伊佐美三岳は難しいかもしれませんが、お取り寄せができるかもしれませんね。(ちょっと割高ですが)

111008指宿山吉國澤百馬商店なまり節パック 111008指宿山吉國澤百馬商店なまり節パックラベル 111008指宿山吉國澤百馬商店なまり節 111008指宿山吉國澤百馬商店なまり節断面
これは鰹節で名高い指宿市山川にある山吉國澤百馬商店(やまきちくにさわひゃくましょうてん)なまり節です。

なまり節さばいて煮てから1,2日の短期間燻製にしたやわらかい鰹節です。
色々調理法があるのですが、パックを開封して包丁でスライスして生姜醤油でいただきました。
鰹独特の風味と燻製の香ばしさが味わえるソフトな加工品ですね。

島娘きびなご天なまり節と一緒にいただきました。

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

青森A-FACTORY 東日本大震災からの復興祈願65

新宿伊勢丹の地下にて9月に期間限定でJR青森駅近くにあるA-FACTORYで製造・販売されているあおもりシードルの販売をしていたので購入しました。

110904JR東日本青森商業開発アオモリシードルスパークリングスタンダード瓶 110904JR東日本青森商業開発アオモリシードルスパークリングスタンダード瓶ラベル
シードルフランス語のcidre英語のサイダー・ciderと同じで日本語では林檎酒とも言われます。
りんごを発酵させて作った発泡酒です。
あおもりシードルは青森特産のりんごで作られています。
スタンダードスイートドライの3種類が販売されています。 今回はスタンダードにしました。

110904JR東日本青森商業開発アオモリシードルスパークリングスタンダード
泡が出るので一晩冷やしてグラスも冷やしていただきました。
果実酒なのですが、ほんのりリンゴの風味がするちょっと辛めであっさりとしたお酒でした。

110904浜中おおともチーズ工房チーズ
北海道のチーズと一緒にいただきました。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。