スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’10,11冬の鎌倉・江ノ島訪問9 江の島のネコ

110122江ノ島猫-(1) 110122江ノ島猫-(2) 110122江ノ島猫-(5) 110122江ノ島猫-(6)
再び島の一番高いところに差し掛かると猫がいました。 近くにいた人の話によると猫の数は減ったらしいです。 島の方々が地域猫として接しているからでしょうね。

110122江ノ島猫-(3) 110122江ノ島猫-(4)
このネコは飼い猫でしょうか?エサを食べると食後の散歩と洒落込みました。

スポンサーサイト

テーマ : 湘南・鎌倉
ジャンル : 地域情報

震災後の田代島の猫たち

東北、関東地方に甚大な被害をもたらした東北関東大震災ですが、猫の島・田代島の被害状況が猫好きから懸念されていました。

先週に現地にて取材された方の記事を発見しましたので引用の上、リンクします。

引用ここから

石巻湾に浮かぶ田代島(宮城県石巻市)は約110人が暮らす小さな島だ。人よりも猫の数が多いことから、近年は「猫の島」として世界的にもその名を知られるようになった。しかし、東日本大震災の被害で通信が断絶。島の様子はしばらく不明となっていた。

島の住民はもちろん、島に暮らす猫の様子を心配する声はインターネット上でも高まっていたが、記者が3月31日に上陸したところ、津波で壊滅的な被害を受けた海岸部でも数匹の猫が生存していることを確認した。

また、「多くの猫が集まる家」として有名なポイントでは、震災前と変わらない様子で住人に食料をねだる猫たちの様子も見られた。

離島ということでその被害が大きく報道されることは今まで無かったが、田代島も10m強の高さを持つ津波に襲われており、海岸周辺部の建物は甚大な被害を受けている。

猫たちを心配するあまり、早期の訪問を望む人も多いようだが、現在も余震が頻繁に発生していることや、津波が再び起きて島が孤立状態になった場合には住民の分しか備蓄食料が無いことから、島では「関係者以外の来島自粛」を呼びかけている。ちなみに震災当日に来島していた観光客が自衛隊のヘリコプターで救出されたのは、8日後のことだったという。


引用ここまで
http://response.jp/article/2011/04/04/154264.html
レスポンス自動車ニュース(Response.jp)より

画像から猫たちはすべてはわかりませんが、ほとんどが無事らしいです。
田代島は港に津波による瓦礫で埋もれていたり、港の番屋が倒壊したり被害が出ているようです。

被災地の復興を祈ります。

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

’10台湾訪問5 台湾猫の町訪問2

100705侯硐猫村-(27)
侯硐西の住宅地は光復里と呼ばれています。 猫が多い地域は侯硐猫村とも呼ばれています。
駅から陸橋を渡って行くと注意書きの看板があります。 宮城県の猫の島・田代島ほど規制されていないようで、キャットフードなら与えてもいいそうです。

100705侯硐猫村-(1) 100705侯硐猫村-(2)
看板のとなりには猫?小屋があってが臭いをつけていました。
左の画像には「犬を連れて来ないで下さい」らしいことが書いてあります。

100705侯硐猫村-(13)
「熊注意!」ではなくて「猫注意!」らしいことが書いてあります。(笑)

100705侯硐猫村-(10) 100705侯硐猫村-(17)
台湾の猫好きの皆さんも思い思いにたちに接していました。

100705侯硐猫村-(14) 100705侯硐猫村-(18)
たちはあくまでもマイペースなんですけどね。(笑)

100705侯#30800;#35987;村-(15) 100705侯#30800;#35987;村-(16)
口をあけて寝ていますね。(笑) どんな夢を見ているのでしょうか?(笑)

100705侯硐猫村-(4) 100705侯硐猫村-(26)
涼しくて人間にいたずらされない大きな物の下で隠れるのが好きみたいです。(笑)


100705侯硐猫村-(20)
寝ぼけていてもちゃんとこちらの様子をうかがっています。

侯硐猫村貓貓博士夫人という獣医の奥さんが精力的に撮影とボランティア活動をされているようで、ブログにその様子が紹介されています。 台湾のrincheerさんの翻訳によるとかつて光復里の人は猫が得意の泥棒をしたり悪さをするので困っていたようですが、里長さん(日本の町内会長さんか区長さんにあたるのでしょうか?)が「猫は食事ができれば、悪さをしないよ。」と言ってからエサをあげるようになってが増えて今に至ったようです。

ちなみに貓貓博士夫人こと簡佩玲さんは去年、獣医のご主人と一緒に田代島を訪れて撮影した画像を第2回田代島にゃんフォトコンテストに応募されて見事に最高賞の金猫賞を受賞されました。


あと、今年の3月に東京でも個展を開いたことがあるので機会があれば行かれてはいかがでしょうか?

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

’10台湾訪問4 台湾猫の町訪問1

100705台北駅-(1) 100705台北駅-(2) 100705台北駅-(3)
7月5日は台北から電車で台湾の猫の町・侯硐(ホウトン)へ行ってきました。 基隆行きは頻繁に出ていますが、侯硐へは本数が少ないので事前に調べた方がいいでしょう。
区間車は日本の普通各駅停車のことみたいです。

100705侯#30800;駅7
約1時間で侯硐駅に到着しました。

100705侯#30800;駅9 100705基隆河
侯硐日本統治時代に開発された炭鉱がありました。
炭鉱日本の統治が終わって中国国民党の統治が始まっても引き続き瑞三鑛業によって採掘され20年ほど前に使命を終えて閉山しました。
侯硐の町を分けている基隆河を挟んで東に炭鉱があったようです。

100705侯#30800;炭鉱跡-(1) 100705侯#30800;炭鉱トロッコ機関車
採掘された石炭トロッコで運ばれました。

100705瑞三選炭場跡4 100705瑞三選炭場跡5 100705瑞三選炭場跡1
基隆河鉄橋で渡って侯硐駅となりの選炭場で選別されて鉄道で出荷されたようです。
台湾北部、特に瑞芳周辺は炭鉱金鉱があって、金鉱があった金瓜石には気軽に観光できる黄金博物園があります。

100705侯#30800;神社跡-(2) 100705侯#30800;神社跡-(3)
日本統治時代当時、内地と呼ばれた日本本土からも炭鉱に従事していた人が多数いたらしく、神社の跡があります。
他の台湾にあった神社同様、本殿国民党によって解体され、鳥居が残っているだけです。

炭鉱の閉山によって侯硐は大勢人が町を去りましたが、静寂を好むが増えて猫の町となりました。

100705侯硐駅-(4) 100705侯硐駅-(5)
侯硐駅には猫目当ての人向けにお土産屋さんがありました。

100705侯硐駅-(1) 100705侯硐駅-(2) 100705侯硐駅-(3)
侯硐駅にも住み着いた野良がいました。

100705侯#30800;駅-(6)
連日38℃まで気温が上がったからでしょうか?犬は股を広げてお腹を地面に付けています。

100705侯#30800;#35987;村-(29)
侯硐駅の西側は住宅地になっていて野良たちの住処にもなっていました。

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

’10春の京都・桜を求めて10 京都の猫カフェ・ねこ会議訪問

哲学の道散策のあとは一息つくことにしました。

京都市役所近くの御池通りに京都の猫カフェ・ねこ会議があります。
100410京都ねこ会議-(15)

初めてだったのでどこのお店でも一緒ですが、説明のあとに店内に入りました。

100410京都ねこ会議-(3) 100410京都ねこ会議-(2)
中はこんな感じです。

100410京都ねこ会議-(1)
「見かけない奴がいるな。」と思ったのでしょうか?(笑)

100410京都ねこ会議-(4) 100410京都ねこ会議-(8) 100410京都ねこ会議-(12)
まぁ、とりあえず例によって寝ています。(笑)

100410京都ねこ会議-(13)
こちらは肉球丸出しです。 くすぐりたくなるのですが、やっちゃダメですよ。(笑)

100410京都ねこ会議-(9)
窓から外を眺めるのが好きなんですよね。

ここまではよそのお店と変わらないのですが、一匹だけ違うにゃんこがいました。
100410京都ねこ会議-(7)
キジトラ4きょうだいの長女・なっつです。

100410京都ねこ会議-(11) 100410京都ねこ会議-(10)
遊ぶのがとても好きなにゃんこで好きなおもちゃをお店の人の前に口で加えて持ってきて「遊んで!」とばかりに鳴きます。
満足しないと繰り返します。(笑)


100410京都ねこ会議-(14)
そのうち飽きたのか?疲れたのか?寝てしまいました。(笑)
猫らしいマイペースさです。


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。