スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’10秋の比叡山を訪れて11 石垣の門前町・坂本散策4 日吉大社参拝3

広い境内の日吉大社には他にもいろいろお宮があります。

100919大津坂本日吉大社山王神輿収蔵庫 (1) 100919大津坂本日吉大社山王神輿収蔵庫 (2)
その中に桃山時代から江戸時代にかけて作られた7基の神輿があり、展示されています。
今は毎年4月に行われる山王祭に使われますが、信長の比叡山焼き討ちまで延暦寺の僧兵神輿をかついで逢坂峠を越えて京都の朝廷に強訴したそうです。
それだけ山法師は政治的な力を持っていたということです。

100919大津坂本日吉大社東本宮楼門 100919大津坂本日吉大社東本宮本殿 (1) 100919大津坂本日吉大社東本宮本殿 (3) 100919大津坂本日吉大社東本宮本殿装飾
こちらは東本宮です。
こちらも本殿国宝に指定されています。 
御祭神・大山咋神(おおやまくいの)が祭られています。 
ちなみに御祭神の絵を拝見すると僧俗の神様がいらっしゃいます。 それだけ延暦寺との関係が深く、神仏習合を象徴されています。 そのため、信長の比叡山焼き討ちに巻き込まれて境内の社殿等が焼失しました。 ただ、神主はこっそり逃がしてもらったそうです。

こちらも例外なく信長の比叡山焼き討ちで焼失しましたが、西本宮と同じで江戸時代に再建されました。

再び、日吉大社のサイトによると・・・。
http://www6.ocn.ne.jp/~hiyoshi3/history_h.htm
死後、天海僧正により山王一実神道の教学のもと、東照大権現の神号を贈られ、初めは久能山、後に日光へお祀りされました。

日光東照宮との関係もあるようです。 今回は参拝しませんでしたが境内には日吉東照宮もあり、日光東照宮の雛形だそうです。


東西本宮の檜皮葺の屋根、装飾に時代(桃山時代)を感じさせます。


テーマ : 滋賀県!
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。