スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’10紅葉の京都5 嵐山宝厳院参拝

101127京都宝厳院-(1)
保津川桂川の川岸に降りて天龍寺の塔頭(たっちゅう)の一つで紅葉の名所宝厳院(ほうごんいん)へ着いたころにはたくさんの人で賑わっていました。

宝厳院によると・・・
「寛正2年(1461年)室町幕府の管領であった細川頼之公の財をもって、天龍寺開山夢窓国師より三世の法孫にあたる聖仲永光禅師を開山に迎え創建されました。」
というのが由来だそうです。 肥後・細川家の寄贈ということですね。

101127京都宝厳院-(5) 101127京都宝厳院-(4) 101127京都宝厳院-(40) 101127京都宝厳院-(41)
宝厳院に入ると黄葉がさえていました。
垣根も宝厳院垣という独特なものらしいです。

101127京都宝厳院-(7) 101127京都宝厳院-(8) 101127京都宝厳院-(9)
庭園の石の配置もいいですね。

101127京都宝厳院-(12) 101127京都宝厳院-(16) 101127京都宝厳院-(20)
101127京都宝厳院-(17) 101127京都宝厳院-(18)
落ち葉のじゅうたんが見事です。

101127京都宝厳院本堂-(1) 101127京都宝厳院本堂-(2) 101127京都宝厳院本堂-(3) 101127京都宝厳院本堂-(4)
再建された本堂は特別拝観で公開中で中の襖絵を鑑賞しました。

101127京都宝厳院-(29) 101127京都宝厳院-(30) 101127京都宝厳院-(32) 
101127京都宝厳院-(34) 101127京都宝厳院-(38)
紅葉のコントラストがいいですね。

宝筐院は紅葉のトンネルというイメージでしたが、宝厳院は回遊式山水庭園・獅子吼の庭に適切に配置された紅葉を見て庭園美を楽しむという違いがありますが見事なのは変わりありません。 庭園のことは詳しくないのですが、京都の紅葉狩りはこうした数百年の歳月をかけて先人達が作り上げた自然の山々とは違った日本庭園の様式美を楽しむとこにあると思います。

101127京都宝厳院-(45) 101127京都宝厳院-(44) 101127京都宝厳院-(46)
紅葉のトンネルを通って天龍寺へ向かいました。

101127京都宝厳院-(2)
夜はライトアップをしているようなのでまた行くことにしました。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。