スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日南海岸訪問 ’11勝手に復興祈願!宮崎の旅26

110709日南鵜戸神宮鳥居 110709日南鵜戸神宮楼門-(1) 110709日南鵜戸神宮楼門-(2)
宮崎市内から一気に南下して空港近くのレンタカーのお店に車を返しやすいように日南海岸の途中にある鵜戸神宮まで一気に行ってきました。
以前、訪れたことがありますが、当時より道が整備されていて宮崎市内から1時間ほどで到着しました。

110709日南鵜戸神社参道と海岸線 110709日南鵜戸神宮本殿-(1) 110709日南鵜戸神宮本殿-(3) 110709日南鵜戸神宮本殿-(2)
ご由緒によると・・・
山幸彦(彦火火出見尊)が、兄(海幸彦)の釣り針を探しに海宮(龍宮)に赴かれ、海神のむすめ豊玉姫命と深い契りを結ばれた。山幸彦海宮から帰られた後、身重になられていた豊玉姫命「天孫の御子を海原で生むことは出来ない」とこの鵜戸の地に参られた。霊窟に急いで産殿を造られていたが、鵜の羽で屋根を葺終わらないうちに御子(御祭神)はご誕生になった。」

日本書紀などに記述されている浦島太郎伝説に近い話ですが、海に行った山幸彦は老人にならずに豊玉姫命と結ばれ、そのお孫さんが初代天皇陛下ということです。

やむを得ず海のそばでお産をされたそうですが、海岸線に参道があってお産をされたと思われる洞窟に祠があります。
高千穂の天安河原(あまやすのかわら)のようにもともと洞窟そのものが拝む対象だったのでしょう。

110709日南鵜戸神宮霊石亀石 (1) 110709日南鵜戸神宮霊石亀石 (2) 110709日南鵜戸神宮運玉
こちらで特徴なのは本殿近くの岩場にある豊玉姫命が乗ったと言われる亀石のしめ縄で囲まれた窪み男性は左手女性は右手「運玉」という焼き物でできた石を投げ入れて入ると願いが叶うといわれていることでしょうか。
幸い風がなかったので今回は一つだけ入りました。 願い事がかないますように。

こちらからさらに南下すると楽しい日南海岸ドライブとなるのですが、時間が無いので引き返しました。

110709宮崎堀切峠-(1) 110709宮崎堀切峠-(2)
名勝堀切(ほりきり)峠は霧でした。 独特な海岸線はご覧になれるでしょうが。

110709宮崎青島-(1) 110709宮崎青島-(2) 110709宮崎青島-(3)
最後に宮崎で一番有名な青島です。
冬だけ行ったことがあるのですが、夏だけに海水浴やサーフィンに来ていた人が大勢いて様相が違っていました。
こういうところは静かな冬の方がいいですね。

テーマ : 九州の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 おはようございます。
>最後に宮崎で一番有名な青島です・・・
 :アッ ここには中学の修学旅行が鹿児島、宮崎、別府だったので、鬼の洗濯板を見た覚えがあります。南国ムードたっぷりでした~

日南海岸

修学旅行が鹿児島、宮崎、別府とはいいですね。

宮崎市内にも道路の真ん中にフェニックスが植えてあって南国ムードがありました。
プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。