スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一関の餅料理 平泉一関訪問3 東日本大震災からの復興祈願88

奥州藤原氏が本拠地を構えた平泉を支えた要素の一つとして恵まれた土地ということもあります。 今でも広がる田園地帯に米が栽培されています。

かつては生産者の百姓衆白米を食べることができなかったためにくず米、雑穀などでお餅を作らざるを得ませんでした。
そこで百姓衆はよりおいしくいただけるように色々なもち料理が考案されました。 それが一関のもち料理です。
かつてはこの地方の冠婚葬祭に必ず出されたそうですが、食の多様化から継承が課題となっているそうです。

そのもち料理を気軽にいただけるように小分けにしたのが三彩館ふじせいひと口もち膳です。
111203一関三彩館ふじせい (1) 111203一関三彩館ふじせい (2) 111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳
八種類のもち料理とお雑煮が楽しめます。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳納豆もち
こちらは納豆もちです。
納豆醤油で味付けしたものです。
「糸を引く」ために不祝儀には使われないとか。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳くるみもち
山の幸が豊富な岩手県の内陸ならではの鬼ぐるみを摺ったものです。
ふわふわしていました。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳じゅうねもち
じゅうねというエゴマの実を摺ったものです。
ほのかにゴマのような香ばしさがしました。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳あんこもち
これはこしあんあんこもちです。
最初にふるまわれたとか。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳大根おろし
こちらは甘酢がかかった大根おろしです。
口直しにいただくそうです。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳ずんだもち
こちらは枝豆をすりつぶしたずんだもちです。
今は冷凍技術の進歩で通年いただけますが、かつては枝豆のシーズンの夏から秋のもち料理の代表だったとか。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳しょうがもち
こちらはしょうがもちです。
根ショウガのおろし汁を加えたとろみがかかっていました。
これが一番好みでした。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳ごまもち
こちらはごまもちです。
ごまの風味豊かなもち料理です。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳えびもち
これはえびもちです。
沼えびを丸ごと炒ってだし醤油で味付けしました。
エビならではの香ばしさが味わえます。

111203一関三彩館ふじせいひと口もち膳お雑煮
最後にお雑煮をいただきます。
大根やニンジンを細切りした野菜たっぷりなあっさりしたものでした。

女性にはこれで丁度いい量ですが、男性は地酒と一緒に1~2品いただいてからの方がいいと思います。

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

>こちらは甘酢がかかった大根おろしです・・・
 :どちらもおいしそうですが、私はつきたてのお餅に、大根おろしで食べるのが一番好きです!

お餅の食べ方

>つきたてのお餅に、大根おろし
いいですね。
単純に海苔を巻いて醤油で味付けも好きです。
プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。