スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿京王第47回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会1 東日本大震災からの復興祈願105

新宿京王にて1月12日から24日まで第47回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会が開催されているので三陸の駅弁を求めて行ってきました。

120112宮古魚元北の祭弁当包装 120112宮古魚元北の祭弁当包装ラベル (1) 120112宮古魚元北の祭弁当包装ラベル (2) 120112宮古魚元北の祭弁当
最初は岩手県宮古駅から漁場料理炉ばた割烹魚元北の祭弁当です。
三陸の海の幸を使った弁当で磯の香がする焼きうに、粒の弾力のある食感と程よい塩味のはらこ(いくら)、淡白な味のミニズワイガニが楽しめます。


120112八戸熟成平目のぽん酢寿司包装 120112八戸熟成平目のぽん酢寿司包装ラベル (1) 120112八戸熟成平目のぽん酢寿司包装ラベル (2) 120112八戸熟成平目のぽん酢寿司
次は八戸市吉田屋です。
これは熟成平目のぽん酢寿司です。
生〆にした平目を熟成させたものを薄切りにして炊き込みご飯にのせてうに、いくらを散らした弁当
今年、台風被害で被災した奈良産のぽん酢をかけていただきますが、淡白な平目と酸味のあるぽん酢の対象的な組み合わせがおいしいです。

吉田屋は昔から看板の八戸小唄寿司など海鮮をふんだんに使った弁当の販売を行っている駅弁の老舗です。 事前に予約するとホームに配達するそうです。

120112宮古魚元北の祭弁当包装 120112宮古魚元北の祭弁当包装ラベル (1) 120112宮古魚元北の祭弁当包装ラベル (2) 120112宮古魚元北の祭弁当
最後は岩手県野田村国民宿舎えぼし荘で作られた陸中野田駅いわて野田村鮭いくら弁当です。
鮭をふんだんに使った三陸ならではの弁当です。
表面の半分は程よい塩味でプチプチした食感のいくらで埋め尽くされています。香ばしい焼いてほぐした鮭の身もおいしいです。 緑が鮮やかなほうれんそうと口直しに鮮やかな黄色の食用菊の酢の物がついていて見た目も楽しめます。
三陸鉄道の復興を祈りながらいただきました。

他にも東北の駅弁、全国の駅弁や食品、お菓子などが販売されています。
機会があれば是非!

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。