スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台いちご狩り2 宮城県沿岸を訪ねて2 東日本大震災からの復興祈願108

120204JR亘理駅-(3) 120204JR亘理駅-(4)
この亘理町に来た理由は東日本大震災の津波被害で壊滅的な被害を被ったいちご農家のうちイチゴ狩りを始めた様子を見に行きたかったからです。
最初はメディアで紹介された鈴木観光いちご農園に聞いてみたのですが、当日は生憎予約で埋まっていました。 タクシーの運転手さんによると鈴木さんは長男の方が北海道伊達市に移住していちごの生産を始められたそうで、亘理町には次男の方が従来より耕作面積を減らして再開されたそうです。 そのため以前より規模を減らしているので制約せざるを得ないようです。
代わりにJAみやぎ亘理吉田観光いちご園を紹介してもらいました。

亘理駅からタクシーで向かいました。
常磐線の線路沿いに進むと公共工事の看板で「塩害」の文字が見えたので運転手さんに聞いたら津波が来たそうです。 吉田観光いちご園付近では床上くらいまで浸水したそうです。 ただ、木材が流されてそれが当たって破損した民家が多かったそうです。
120204亘理町郊外 (1) 120204亘理町郊外-(3)
ちなみにこの画像は帰りに撮ったものです。

120204亘理町郊外-(3)
途中、東日本大震災で津波被災された亘理町の方の仮設住宅がありました。
入居されている被災者の方々は色々ご苦労されているようです。

また、近くに商売されていた人向けの仮設店舗がありました。 国から店舗を建てる費用が支払われましたが、店内の設備については自己負担になるそうで郊外型店舗との競合もあり、商売を再開する人はほとんどいないとのことです。


120204JAみやぎ亘理吉田観光いちご園 (1) 120204JAみやぎ亘理吉田観光いちご園 (7)
JAみやぎ亘理吉田観光いちご園に到着しました。

120204JAみやぎ亘理吉田観光いちご園 (2)
いちご園の中は暖かく、いちごの苗が腰くらいの高さの棚の上に栽培されていました。
高架栽培という方式のようです。

120204JAみやぎ亘理吉田観光いちご園 (6) 120204JAみやぎ亘理吉田観光いちご園 (4)
いちごの果実は大小様々でしたが、甘くて果汁がたっぷりでした。

120204JAみやぎ亘理吉田観光いちご園 (5)
こんな風に隠れたところにもいちごがありました。
6月20日まで営業されるそうなのでまだまだこれからといった感じでしたね。

ゴールデンウィークのころもイチゴ狩りができるのでさすがにそのころは雪は無いでしょうからそのころに行かれてはいかがでしょうか?
また、こちらでは販売もしていましたのでまとめて大粒のいいイチゴを買いたいという方にはいいですね。

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。