スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’12夏の三陸の旅22 岩手県宮古市の現状1  東日本大震災からの復興祈願151

(この記事は昨年7月3日時点の話です。)

大きな地図で見る
 山道を越え宮古市に入りました。 宮古市も谷に出来た町のようで低い土地は津波の被害を被っていましたが、ある程度の高さになると残った建物がたくさんがあったので市街地の全滅は避けられたようです。 岩手県三陸では最大の市のようです。

 市街地を抜けて宮古市の観光のポイント・浄土ヶ浜へ向かいました。
浄土ヶ浜付近も震災の影響で3つある駐車場の一つが仮設住宅が設置されて海岸の遊歩道は津波被害で復旧工事の最中でした。 通常は車両用の道がバス専用になり、レストハウスから浄土ヶ浜への道が遊歩道からかわりました。

120703宮古市浄土ヶ浜-(1) 120703宮古市浄土ヶ浜-(2) 120703宮古市浄土ヶ浜-(4) 120703宮古市浄土ヶ浜-(5)
 浄土ヶ浜は昔と変わらず、白い石の海岸と幻想的な奇岩の組み合わせがなんともいえません。 レストハウスは夏のオープンを目指して建設中のようです。(平成24年7月に再建されました)

120703宮古市浄土ヶ浜-(3)
細かい漂着物まできれいに回収されたようです。

 宿泊は休暇村陸前宮古

120703宮古市崎山の潮吹穴 (1) 120703宮古市崎山の潮吹穴 (2) 120703宮古市崎山の潮吹穴 (3)
辺りは自然に恵まれチェックイン前に崎山の潮吹穴にて霧吹き状に海水が吹き上げた様子を見ました。

120705宮古姉ヶ崎-(5)
近くの遊歩道を歩くと・・・。

120705宮古姉ヶ崎-(1) 120705宮古姉ヶ崎-(2) 
景勝・姉ヶ崎に出ることができました。

120705宮古姉ヶ崎-(3) 120705宮古姉ヶ崎-(4)
あたりはかもめの繁殖地のようです。
こうした様々な海岸をめぐるのが三陸観光の醍醐味のようです。

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。