スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’12夏の三陸の旅23 岩手県宮古市の現状2  東日本大震災からの復興祈願152

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)

休暇村陸中宮古には3泊することにしました。
 宮古を中心に天気がよければ三陸観光のハイライト・北山崎を、天気がよくなければ内陸にある深い地底湖がある龍泉洞に行くことにして一日予備にしました。
そちらに行くには宮古市街から北にある宮古市田老地区を通らなければならないでした。

田老地区は歴史に刻まれて以来数々の津波被害を被り、1933年(昭和8年)の昭和三陸津波以来、1966年(昭和41年)の最終的な完成まで途中戦時による中止を経て時間をかけてを経て全長1350m、基底部の最大幅25m、地上高7.7m、海面高さ10m の大防潮堤が建てられました。 1960年のチリ沖地震津波の際に被害が軽微でありました。
そのため先の震災では防潮堤を津波が越えてしまい安心して逃げ遅れた方が少なくなかったようです。


大きな地図で見る
120705宮古市田老-(1) 120705宮古市田老-(2) 120705宮古市田老-(4) 120705宮古市田老-(5)
左の画像の左手に防潮堤があるのですが、その向こうにも住宅地があって、沖に別の防潮堤もあったそうです。
つまり二重の防潮堤を津波は越えてしまったのです。

120705宮古市田老-(3)
被害が特に甚大なところはコンビニやガソリンスタンドも仮設の場合があります。

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。