スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’12夏の三陸の旅41 岩手県久慈市2 東日本大震災からの復興祈願170

(この記事は昨年7月6日時点の話です。)

120706久慈琥珀博物館-(1) 120706久慈琥珀博物館-(2) 120706久慈琥珀博物館-(3)
久慈市訪問の最大の目的である久慈琥珀博物館へ行きました。

博物館は敷地内にいくつか建物があって、最初は受付がある新館に行きます。 そこの展示は琥珀とはどういうものか?という解説が詳しく体験コーナーを交えてありました。 琥珀は木の樹液の化石でヨーロッパのバルト海・特にロシア領カリーニングラード付近の産出が多いようです。 久慈も世界的な産地の一つで大きな塊で見つかることが他の産地との違いのようです。
また、豊富なために燃やすと煙が出てお香のようになることから昭和30年代まで蚊取り線香の代わりに使われたようです。 本館では琥珀の説明に加えて色々な作品・文化遺産に関する展示がありました。

120706久慈琥珀博物館-(4) 120706久慈琥珀博物館-(5) 120706久慈琥珀博物館-(6)
「あまちゃん」では登場人物の塩見省三さん扮する琥珀の勉さんがひたすら小石大の塊を磨いていますが、いろんな大きさに加工しているようです。

本館に隣接して売店と工房がありお好きなアクセサリーを購入することもできます。

120706久慈琥珀博物館琥珀坑道跡 (1) 120706久慈琥珀博物館琥珀坑道跡 (2) 120706久慈琥珀博物館琥珀坑道跡 (3) 120706久慈琥珀博物館琥珀坑道跡 (4)
敷地内には大正時代の坑道跡が公開されていました。 鉱脈の解説の場所はアクリルで囲われていましたが、湿気で曇り見えませんでした。 ただ、その上が金網になっていてその内側に穴から侵入したコウモリが勝手に住み着いていました。


コウモリの動画あります。


(注)こちらには「あまちゃん」に出演されている琥珀の勉さんを演じている塩見省三三省さんや足立ユイ演ずる橋本愛さんはいません。
(2013.09.28訂正しました。塩見三省さん失礼しました。)

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

琥珀が燃えるなんて考えてみたこともありませんでした。そういえば乳香も樹脂ですね。

そういえば、新潟の実家の屋根裏にコウモリが住みついていたことがありました…

琥珀

私もこちらで始めて知りました。
石油と同じ有機物の塊ですからよく考えてみるとそうかな?と思いますが。
博物館に体験コーナーがあって、琥珀を燃やしてみると独特なクセのある香りがしました。 いい悪いは人によるかと思います。

子どものころには結構コウモリがいたのですが、いつのまにか見なくなりましたね。
プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。