スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’10台湾訪問5 台湾猫の町訪問2

100705侯硐猫村-(27)
侯硐西の住宅地は光復里と呼ばれています。 猫が多い地域は侯硐猫村とも呼ばれています。
駅から陸橋を渡って行くと注意書きの看板があります。 宮城県の猫の島・田代島ほど規制されていないようで、キャットフードなら与えてもいいそうです。

100705侯硐猫村-(1) 100705侯硐猫村-(2)
看板のとなりには猫?小屋があってが臭いをつけていました。
左の画像には「犬を連れて来ないで下さい」らしいことが書いてあります。

100705侯硐猫村-(13)
「熊注意!」ではなくて「猫注意!」らしいことが書いてあります。(笑)

100705侯硐猫村-(10) 100705侯硐猫村-(17)
台湾の猫好きの皆さんも思い思いにたちに接していました。

100705侯硐猫村-(14) 100705侯硐猫村-(18)
たちはあくまでもマイペースなんですけどね。(笑)

100705侯#30800;#35987;村-(15) 100705侯#30800;#35987;村-(16)
口をあけて寝ていますね。(笑) どんな夢を見ているのでしょうか?(笑)

100705侯硐猫村-(4) 100705侯硐猫村-(26)
涼しくて人間にいたずらされない大きな物の下で隠れるのが好きみたいです。(笑)


100705侯硐猫村-(20)
寝ぼけていてもちゃんとこちらの様子をうかがっています。

侯硐猫村貓貓博士夫人という獣医の奥さんが精力的に撮影とボランティア活動をされているようで、ブログにその様子が紹介されています。 台湾のrincheerさんの翻訳によるとかつて光復里の人は猫が得意の泥棒をしたり悪さをするので困っていたようですが、里長さん(日本の町内会長さんか区長さんにあたるのでしょうか?)が「猫は食事ができれば、悪さをしないよ。」と言ってからエサをあげるようになってが増えて今に至ったようです。

ちなみに貓貓博士夫人こと簡佩玲さんは去年、獣医のご主人と一緒に田代島を訪れて撮影した画像を第2回田代島にゃんフォトコンテストに応募されて見事に最高賞の金猫賞を受賞されました。


あと、今年の3月に東京でも個展を開いたことがあるので機会があれば行かれてはいかがでしょうか?

テーマ : ねこ大好き
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。