スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’10台湾訪問14 食べ歩き1台北

台湾旅行で楽しみなことは食事でしょう。
今回もあちこちで色々いただきました。

100704台北市鴨肉扁
こちらは台北市街西部の古くからある繁華街の西門町の入り口にある鴨肉扁です。

店名が「鴨肉」なのですが、実は鴨肉は一切使わないガチョウ料理のお店で最初は名前通り鴨肉を使った料理のお店でしたが、鴨肉が不評でガチョウの肉の料理を出したら評判になって今はお客がひっきりなしに訪れる繁盛したお店になっています。

メニューは鵝肉湯麺鵝肉湯米粉鵞鳥肉のみです。
今回は(前回も(笑)鵝肉湯米粉鵞鳥肉を注文しました。
100704台北市鴨肉扁鵝肉湯米粉とガチョウの燻製

100704台北市鴨肉扁鵝肉湯米粉1 100704台北市鴨肉扁鵝肉湯米粉2
鵝肉湯米粉ガチョウの汁ビーフンはあっさりした味付けでお好みで唐辛子の汁を加えます。 細くて弾力のある食感台湾のビーフンならではです。

100704台北市鴨肉扁ガチョウの燻製
鵞鳥肉ガチョウ肉の燻製弾力があって噛むと肉汁が出ておいしいです。 底に生姜の細切りが敷いてあってあっさり好みの台湾人らしいです。 甘口のタレも台湾人らしいですね。 日本人にも丁度いいかもしれません。

100705福州世祖胡椒餅-(1) 100705福州世祖胡椒餅-(2)
こちらは台湾ならではのファストフード・小吃胡椒餅の専門店・福州世祖胡椒餅です。 場所は台北駅前の繁華街にあります。 他にも台北市内にお店があるようです。
胡椒餅というのは胡椒の入ったお餅ではなくて小麦粉を使ったパンのようなもので、店頭で豚のミンチとバラ肉刻んだネギ胡椒や香辛料と一緒にまぜて一晩寝かせたらしい餡を小麦粉の生地で包んで インドのタンドーリのような窯に入れて焼きます。
実は前回の台湾旅行福州世祖胡椒餅のお店の前を何度も通ったのですが、食後だったりして泣く泣く買わなかったのです。 今回は行列ができる人気店になっていました。

100705福州世祖胡椒餅包装
近くのホテルに持ち帰っていただきましたが、まだアツアツでした。

100705福州世祖胡椒餅胡椒餅 100705福州世祖胡椒餅胡椒餅内容
表面がパリパリに焼き上げられていて表面にゴマを付けたことがさらに香ばしくなっていました。 中は豚肉ミンチとゴロゴロ入っていたバラ肉の餡がアツアツでスープがたっぷり入っているので要注意です。 それを差し引いても胡椒が効いたおいしさにはかないません。 名古屋の人向きかもしれません。 ボリュームがあるので食べ応えがあること請け合いですが、女性や少食な方はお昼だけとか軽食と考えたほうがいいでしょう。
食い倒れの台湾人が並んで買うのが理解できます。
これは次回は外せません!

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。