スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’12夏の三陸の旅34 日本三大鍾乳洞・龍泉洞3  東日本大震災からの復興祈願163

(この記事は昨年7月5日時点の話です。)
120705岩泉龍泉洞三原峠-(1) 120705岩泉龍泉洞三原峠-(2) 120705岩泉龍泉洞三原峠-(3)
ここからは階段を上がって水面から35mの三原峠まで上がります。 峠を越えてから第一地底湖の真上にある展望台につきます。 恐らく高さ50mくらいの空洞があって底から35mまでに水が流れています。 洞内の高低差は180mになるそうです。

120705岩泉龍泉洞長命の泉 (1) 120705岩泉龍泉洞長命の泉 (2)
途中、水深1m近い透明な泉、長命の泉を通って洞窟を出ました。

120705岩泉龍泉洞入口前-(1) 120705岩泉龍泉洞入口前-(2) 120705岩泉龍泉洞入口前-(3)
洞窟入口近くに水飲み場がありました。 冷たくておいしい水でした。
洞窟を出てしばらくしたらカメラのレンズが曇りました。 それほど外は蒸し暑いでした。

洞窟の外のみやげ物店の人に聞いたところ、震災で洞内が一部崩れたり一時的に水が濁ったものの沿岸部ほどの被害を受けていないにも係わらずまだ観光客の数が回復していないそうです。 被災地の人もかつては訪れていたものが行けなくなったのかもしれないです。 被災県を観光で訪れるだけでも復興に貢献できるのです。 震災直後はグループでの参加を求めたれたボランティアもNGOの人に聞いたところ今では事前に登録すれば一人からでも参加できるものがあるそうです。 まだまだ復興には時間がかかり、他県の人間はやること、できることが色々あるようです。

 うっかり見過ごされそうですが、龍泉洞の近くに龍泉洞新洞科学館という洞窟と展示をあわせたところがあります。 こちらでは洞窟探検の展示やより洞窟を詳しく説明してあります。 洞窟内で見つかった縄文早期の石器も展示されていて研究用に公開されていない区間がありますが、こちらも洞窟について楽しめます。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅33 日本三大鍾乳洞・龍泉洞2  東日本大震災からの復興祈願162

(この記事は昨年7月5日時点の話です。)
120705岩泉龍泉洞玉響の滝

玉響の滝という小規模な滝がありました。 かつては船に乗って洞内を観光したようです。 湧き出す水は毎秒1,100から1,500Lだそうでその水を利用したミネラルウオーターなど飲料や日本酒などで岩泉町は町づくりを行っています。
洞内には高いところと体をかがめなければならない低いところがあって高いところには時折天然記念物のコウモリが飛んでいました。

120705岩泉龍泉洞洞内温度湿度
洞内の温度計には気温10.4℃、湿度95.4%でした。

120705岩泉龍泉洞竜宮の門 120705岩泉龍泉洞洞穴ビーナス 120705岩泉龍泉洞月宮殿 120705岩泉龍泉洞地蔵岩
多色のLEDでライトアップされ、時折地蔵など変わった形をした石筍を見ながら洞内を歩くと・・・

120705岩泉龍泉洞第一地底湖 120705岩泉龍泉洞第二地底湖 (1) 120705岩泉龍泉洞第二地底湖 (2)
120705岩泉龍泉洞第三地底湖 (1) 120705岩泉龍泉洞第三地底湖 (2) 120705岩泉龍泉洞第三地底湖 (3)
この洞窟の特徴である地底湖の上に出ます。 第一地底湖で水深35m、第二地底湖で水深38m、第三地底湖では98mの水深だそうです。 水がとても澄んでいることからかつては水深計が壁に置かれていて40m近くまで見えました。
カメラの性能ではっきりした画像を提供できないのが残念です。
観光用に公開されているのはここまででわかっているだけで3,500mの長さ、8つの地底湖があるそうです。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅32 日本三大鍾乳洞・龍泉洞1  東日本大震災からの復興祈願161

(この記事は昨年7月5日時点の話です。)
今日は宮古3日目です。
メインの北山崎は昨日行ったので今日は隣の岩泉町龍泉洞までいくことにしました。

大きな地図で見る

 龍泉洞へは昨日と同じ宮古市田老地区を通って岩泉町小本地区で進路を西に向けて1時間くらいで到着しました。

120705岩泉龍泉洞入口-(1) 120705岩泉龍泉洞入口-(2) 120705岩泉龍泉洞入口-(3)
入洞券を買って入口まで行くと外と洞内の気温の電光表示板があって、洞外気温が23.5度、洞内気温が13.6度と10度近い差がありました。

洞内に入ると急に寒くなりました。

120705岩泉龍泉洞長命の淵

入ってすぐの長命の淵には青い水の流れがありました。

120705岩泉龍泉洞百間廊下 (1) 120705岩泉龍泉洞百間廊下 (2) 120705岩泉龍泉洞百間廊下

流れがあるとことには木道が設置されていてその下を清流が急な流れで流れていました。

120705岩泉龍泉洞摩天楼
百間廊下という開けた場所で摩天楼という高い天井がありました。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅31 三陸の名勝・鵜の巣断崖2  東日本大震災からの復興祈願160

(この記事は昨年7月6日時点の話です。)

翌々日の7月6日に改めて訪れたときは霧は無く、視界は良かったでした。
120706田野畑村鵜の巣断崖 (1) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (2) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (9) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (8)
海の青さ木々の緑が生えていました。 断崖には花がたくさん咲いていました。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (5)
こちらは島越漁港です。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (6) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (7)
この岬の向こうは北山崎付近と思われます。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (10) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (11)
こちらから島越漁港近くまで海岸線を歩く遊歩道があるようです。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (4) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (3)
遊歩道には手掘りのトンネルがあって迫力満点ですが、事前に土地の人から話を聞いて準備した方がいいようです。



動画を投稿しましたのでこちらもご覧になって下さい。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅30 三陸の名勝・鵜の巣断崖1  東日本大震災からの復興祈願159

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)


大きな地図で見る

三陸観光のハイライト・北山崎を訪れた後に普代村黒崎を訪れ(別投稿とさせていただきます)再び田野畑村に戻り同じく三陸の名勝・鵜の巣断崖へ向かいました。

120704田野畑村鵜の巣断崖 (1)
駐車場から林の遊歩道を抜けると展望台に出ます。

120704田野畑村鵜の巣断崖 (3) 120704田野畑村鵜の巣断崖 (2)
ところが、東からの冷たい風・やませがもたらせた海霧があたりを包んでいました。


海岸に近い土地とは思えない幻想的な海霧の光景をご覧になって下さい。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。