スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’12夏の三陸の旅32 日本三大鍾乳洞・龍泉洞1  東日本大震災からの復興祈願161

(この記事は昨年7月5日時点の話です。)
今日は宮古3日目です。
メインの北山崎は昨日行ったので今日は隣の岩泉町龍泉洞までいくことにしました。

大きな地図で見る

 龍泉洞へは昨日と同じ宮古市田老地区を通って岩泉町小本地区で進路を西に向けて1時間くらいで到着しました。

120705岩泉龍泉洞入口-(1) 120705岩泉龍泉洞入口-(2) 120705岩泉龍泉洞入口-(3)
入洞券を買って入口まで行くと外と洞内の気温の電光表示板があって、洞外気温が23.5度、洞内気温が13.6度と10度近い差がありました。

洞内に入ると急に寒くなりました。

120705岩泉龍泉洞長命の淵

入ってすぐの長命の淵には青い水の流れがありました。

120705岩泉龍泉洞百間廊下 (1) 120705岩泉龍泉洞百間廊下 (2) 120705岩泉龍泉洞百間廊下

流れがあるとことには木道が設置されていてその下を清流が急な流れで流れていました。

120705岩泉龍泉洞摩天楼
百間廊下という開けた場所で摩天楼という高い天井がありました。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅31 三陸の名勝・鵜の巣断崖2  東日本大震災からの復興祈願160

(この記事は昨年7月6日時点の話です。)

翌々日の7月6日に改めて訪れたときは霧は無く、視界は良かったでした。
120706田野畑村鵜の巣断崖 (1) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (2) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (9) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (8)
海の青さ木々の緑が生えていました。 断崖には花がたくさん咲いていました。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (5)
こちらは島越漁港です。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (6) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (7)
この岬の向こうは北山崎付近と思われます。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (10) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (11)
こちらから島越漁港近くまで海岸線を歩く遊歩道があるようです。

120706田野畑村鵜の巣断崖 (4) 120706田野畑村鵜の巣断崖 (3)
遊歩道には手掘りのトンネルがあって迫力満点ですが、事前に土地の人から話を聞いて準備した方がいいようです。



動画を投稿しましたのでこちらもご覧になって下さい。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅30 三陸の名勝・鵜の巣断崖1  東日本大震災からの復興祈願159

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)


大きな地図で見る

三陸観光のハイライト・北山崎を訪れた後に普代村黒崎を訪れ(別投稿とさせていただきます)再び田野畑村に戻り同じく三陸の名勝・鵜の巣断崖へ向かいました。

120704田野畑村鵜の巣断崖 (1)
駐車場から林の遊歩道を抜けると展望台に出ます。

120704田野畑村鵜の巣断崖 (3) 120704田野畑村鵜の巣断崖 (2)
ところが、東からの冷たい風・やませがもたらせた海霧があたりを包んでいました。


海岸に近い土地とは思えない幻想的な海霧の光景をご覧になって下さい。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅29 三陸の名勝・北山崎5  東日本大震災からの復興祈願158

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)
120704120704田野畑村北山崎レストハウス (1) 120704120704田野畑村北山崎レストハウス (2)
汗だくに、息切れ切れになって駐車場に戻って汗が引いてから昼食にしました。
北山崎レストハウス今が旬のウニを使った生うに丼をいただきました。

120704田野畑村北山崎レストハウス生うに丼 (1) 120704田野畑村北山崎レストハウス生うに丼 (2) 120704田野畑村北山崎レストハウス生うに丼 (5)
ウニの量で小・並・大盛りがあって並にしました。 ワサビと刻んだ大葉を醤油で溶かしてかけていただきました。 ウニは舌の上でとろける新鮮なウニが獲れる産地だからいただける都会では贅沢な味でした。

120704田野畑村北山崎レストハウス生うに丼 (3) 120704田野畑村北山崎レストハウス生うに丼 (4)
他に昆布の煮付けやふのりをつかった味噌汁と海の幸がいただける贅沢な昼食でした。

120704田野畑村たのはた牛乳 120704田野畑村北山崎レストハウスたのはたソフトクリーム
ビジターセンターやレストハウスには畜産も盛んな田野畑村ならではの85℃25分殺菌の低温殺菌の牛乳たのはた牛乳やその牛乳を使ったソフトクリーム・たのはたミルクソフトも売っていて、いただきました。 田野畑村は自然が豊かでおいしい水産物、農産物がいただける環境のいいところのようです。


NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」にこちらの方がエキストラで出演したようです。
5月30日の第52回の北鉄25周年記念お座敷列車のイベントに田野畑駅が「畑野駅」としてロケされてその時のようです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=547424665296851&set=a.218675658171755.55373.193018144070840&type=1&relevant_count=1

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅28 三陸の名勝・北山崎4  東日本大震災からの復興祈願157

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)
120704田野畑村北山崎-(19)
従来の階段を下りると海の近くで津波被害か?階段が崩れてその手前で進入禁止となりました。 そこからでも断崖の様子を見ることができ、青く澄んだ海を見ると岩場に短い昆布がたくさん波に洗われていました。 海が豊かなのでしょう。 この岩場の上には猛禽類のミサゴの巣があって、ミサゴ自身は魚が主食なのですがその存在からカモメは辺りにいなくて波と風の音だけが聞こえました。

こちらも動画があります。


テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅27 三陸の名勝・北山崎3  東日本大震災からの復興祈願156

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)
120704田野畑村北山崎-(16) 120704田野畑村北山崎-(18)
沢を進むと空がひらけてきて、従来の階段に合流しました。

120704田野畑村北山崎-(20) 120704田野畑村北山崎-(21) 120704田野畑村北山崎-(22)
途中、展望台にいってみると下った沢の水が滝となって落ちているのを見ました。 北海道の知床半島みたいです。

こちらも動画があります。


テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅26 三陸の名勝・北山崎2  東日本大震災からの復興祈願155

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)
展望台から戻って北山崎ビジターセンターに入ると展示には周辺にはたくさんの動植物が生息していて、ツキノワグマやカモシカもいるそうです。
展望台への遊歩道を歩くと野鳥のさえずりが聞こえて海岸というより山の中のように感じます。

海岸に下りることができる道があるので行ってみました。
120704田野畑村北山崎-(13) 120704田野畑村北山崎-(14) 120704田野畑村北山崎-(15)
先の震災で今までの道が使えなくなって代わりに数え切れないくらいの段数の木製の階段を下って行くと沢にでました。

120704田野畑村北山崎-(15) 120704田野畑村北山崎-(24) 120704田野畑村北山崎-(23)
清流の中を歩くと海岸近くにいるとは思えません。 この環境では熊がいてもおかしくないと感じました。

こちらも動画を撮ってあります。


テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅25 三陸の名勝・北山崎1  東日本大震災からの復興祈願154

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)
宮古には3泊することにして宮古を中心に天気がよければ三陸観光のハイライト・北山崎を、天気がよくなければ内陸にある深い地底湖がある龍泉洞に行くことにして一日予備にしました。
本日は天気が比較的良さそうなので先に北山崎へ行くことにしました。

宮古の市街から北に離れた休暇村陸中宮古からでも北山崎は1時間20分かかりました。

 途中、岩泉町小本地区からは国道45号線は内陸を通り田野畑村に入ると牧場を見かけるようになりました。 岩手県は畜産が盛んで休暇村陸中宮古でも岩手県産の肉や乳製品を使っています。 水産物や米だけでなく、野菜や果実、小麦粉の生産も行っています。 ワインの生産も盛んらしく和食の他に洋食も楽しめます。

津波被害を見ながら北海道のような直線の県道を通って途中で海に向かって右折して駐車場につきました。

大きな地図で見る

120704田野畑村北山崎-(8) 120704田野畑村北山崎-(9)
天気は曇りでしたが海霧が高いところに上がったので展望台から断崖の様子が良く見えました。

120704田野畑村北山崎-(5) 120704田野畑村北山崎-(6) 120704田野畑村北山崎-(7)
120704田野畑村北山崎-(25) 120704田野畑村北山崎-(26) 120704田野畑村北山崎-(27) 120704田野畑村北山崎-(28)
展望台の近くに遊歩道があってとても静かで海の近くとは思えませんでした。
歩道沿いに海岸では珍しい高山植物のシロバナシャクナゲの花が咲いていました。 丁度シーズンだったようです。

遊歩道をさらに進むとさらに北山崎を見ることができる展望台があります。
120704田野畑村北山崎-(10) 120704田野畑村北山崎-(11)
この辺にはミサゴが生息しているようです。

ここから見た北山崎の動画があります。
波の音しか聞こえない静かなところでした。

高さは200mで島根県隠岐の島の魔天崖の高さ500mには負けますが、その堂々たる威容は魔天崖が西の横綱なら北山崎は東の横綱と言えるでしょう。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

’12夏の三陸の旅24 岩手県田野畑村の現状  東日本大震災からの復興祈願153

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)

岩手県田野畑(たのはた)村は海に面していますが、断崖の海岸が多く山間にある自然豊かなところで三陸随一の名勝・北山崎があります。
また、畜産が盛んで国道45号線沿いなどに牧場が点在しています。

北山崎観光の際に通った県道から見た津波被害の様子を投稿します。
北山崎観光の帰りに撮影したので北から南下しています。


大きな地図で見る

最初は明戸(あけと)地区です。
120704田野畑村明戸-(5) 120704田野畑村明戸-(6) 120704田野畑村明戸-(7)
防潮堤が破壊された模様がよくわかるかと思います。
防潮堤は半分くらい崩壊していました。 この地区も昔からの津波の常襲地帯で防波堤は数メートルと思われる高さでしたが、はるかに上回る高さの津波が襲来したようです。

120704田野畑村明戸-(8)
標識があった柱跡と思われます。 津波で引きちぎられたのか?倒壊した柱を撤去したからかはわかりませんが。

120704田野畑村明戸-(9) 120704田野畑村明戸-(10)
空地には防潮林があったそうですが、全て流出したそうです。
http://www.furuya.arch.waseda.ac.jp/blog/tanohata.php?itemid=698
http://www.t01.com/11111804z.html

この奥に明戸の集落があったようですが、被害は先の震災の中では比較的軽微だったようです。
先人の知恵で津波の力を削いだようです。

120704田野畑村羅賀
こちらは三陸鉄道北リアス線田野畑駅に比較的近い羅賀(らが)地区にあるホテル羅賀荘です。 先の震災の津波被害で3階まで浸水しました。 1階は高さが高いので実質4階くらいの高さなのかもしれません。 宮城県南三陸町と同じ高さの津波が襲来したようです。
昨年平成24年11月に営業再開しています。
羅賀地区は人的被害および津波被害による家屋破壊が発生し、年内(平成25年度を目途)に災害公営住宅を建設中のようです。

さらに南の島越(しまのこし)地区は被害が甚大だったようです。
岩手県沿岸北部の拠点都市・久慈(くじ)から宮古を結んでいる三陸鉄道北リアス線は久慈-田野畑間と小本-宮古間は復旧していますが、田野畑・小本間は今でも復旧していません。 その理由が島越地区を通って理解できました。
120704田野畑村島越三陸鉄道線路 (1) 120704田野畑村島越三陸鉄道線路 (2) 
三陸鉄道北リアス線の高架線があったはずなのですが、津波被害で破壊され撤去されたので橋脚とトンネルしか残っていません。

120704田野畑村三陸鉄道島越駅 (1) 120704田野畑村三陸鉄道島越駅 (2) 120704田野畑村三陸鉄道島越駅 (3)
こちらは島越駅の跡地です。トンネルの間を結ぶ高架が全て破壊されているようで無くなっていました。
そのため三陸鉄道北リアス線小本・田野畑駅間(10.5Km)は今でも運休していて来年(平成26年)4月に全線復旧予定です。

120704田野畑村島越漁港 120704田野畑村島越漁港-(1) 120704田野畑村島越漁港-(2)
島の越漁港も津波被害で防潮堤が破壊されました。

120704田野畑村島越漁港-(4) 120704田野畑村島越漁港-(3) 120704田野畑村島越漁港-(5)
部分的に改修されており、応急工事は終了していたようです。
本格復旧は来年平成26年度になるそうです。

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

’12夏の三陸の旅23 岩手県宮古市の現状2  東日本大震災からの復興祈願152

(この記事は昨年7月4日時点の話です。)

休暇村陸中宮古には3泊することにしました。
 宮古を中心に天気がよければ三陸観光のハイライト・北山崎を、天気がよくなければ内陸にある深い地底湖がある龍泉洞に行くことにして一日予備にしました。
そちらに行くには宮古市街から北にある宮古市田老地区を通らなければならないでした。

田老地区は歴史に刻まれて以来数々の津波被害を被り、1933年(昭和8年)の昭和三陸津波以来、1966年(昭和41年)の最終的な完成まで途中戦時による中止を経て時間をかけてを経て全長1350m、基底部の最大幅25m、地上高7.7m、海面高さ10m の大防潮堤が建てられました。 1960年のチリ沖地震津波の際に被害が軽微でありました。
そのため先の震災では防潮堤を津波が越えてしまい安心して逃げ遅れた方が少なくなかったようです。


大きな地図で見る
120705宮古市田老-(1) 120705宮古市田老-(2) 120705宮古市田老-(4) 120705宮古市田老-(5)
左の画像の左手に防潮堤があるのですが、その向こうにも住宅地があって、沖に別の防潮堤もあったそうです。
つまり二重の防潮堤を津波は越えてしまったのです。

120705宮古市田老-(3)
被害が特に甚大なところはコンビニやガソリンスタンドも仮設の場合があります。

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : ニュース

プロフィール

笹団子@東京

Author:笹団子@東京
名前:笹団子
年齢:不詳
誕生日:不明
性別:男
職業:不詳
一言:東京在住の笹団子の食べ歩き+温泉+猫ネタetcのブログ

2009年11月以前の話題については旧ブログ、笹団子のひとりごと http://green.ap.teacup.com/gogodango/ をご覧になって下さい。

FC2カウンター
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。